家系図の作り方、家系図の作成代行、相続対策にも便利 【八王子 行政書士吉村法務事務所】

戸籍の今昔

家系図を作ろう!TOP > 戸籍の今昔

戸籍の今昔

戸籍の今昔

  • 戸籍法改正の歴史

今現在の戸籍は昭和23年式の戸籍ですが、それ以前は改正前の原戸籍(改正原戸籍「はらこせき」とも呼びます)となります。明治時代に現在の全国戸籍が確立されてから5回ほど改正を繰り返し、平成6年の戸籍法一部改正により現在はコンピュータによる管理へと移行しております。「謄本」が「全部事項証明書」となるなど呼称の変化もありました。

戸籍の今昔

  • 明治5年式戸籍

日本で初めての戸籍法に基づく全国統一様式で作られた戸籍です。現存はほとんど望めませんが、残っていたとしても身分上の表記(華族、士族、平民の別)や、病歴や犯罪歴などの表記があるために公開の対象外となっております。明治5年の干支である壬申(みずのえさる)から「壬申戸籍(じんしんこせき)」とも呼ばれています。この明治5年式の戸籍はこの後、明治19年、31年と改正されていくことになります。

戸籍の今昔

  • 明治19年式戸籍

明治19年の戸籍法改正によって作られた戸籍です。それまでの戸籍制度には無かった転籍の制度や家督相続に伴う除籍制度が新たに設けられました。また土地台帳の整備に伴い、これまでの屋敷番の表記から地番に変わるなど変化していきます。現存しているものは除籍か改正原戸籍となります。表記の仕方はかなり簡略的で、出生日が事項欄には無く、名前の左側に表記されているだけなど、明治31年の改正戸籍とは違っています。

戸籍の今昔

  • 明治31年式戸籍

この年に旧民法が改正されたことから戸籍法も新たに施行され、同時に「家制度」が導入されました。これにより民法上の「家」における身分上の関係をそのまま記録するものとして書式が変更されました。この改正により個人単位での記録の管理は「身分登記簿」に委ねられたものの、戸籍簿との二重表記になってしまうなどの運用面で問題となり、大正3年の戸籍法改正によりこの身分登記簿は廃止となっています。

戸籍の今昔

  • 大正4年式戸籍

大正3年に戸籍法が改正され、翌年からの法施行に基づき編纂された戸籍です。それまでの身分登記簿との併用は止め、戸籍簿に身分上の管理が一本化されました。変更された点として特徴的なのは「戸主」の欄を最初のページの全面に表記するようになったことです。戸主となった原因及び年月日の欄や家族との続柄欄等は廃止され、戸主事項欄に全て記入されることになりました。

戸籍の今昔

  • 昭和23年式戸籍

昭和22年に日本国憲法が制定されたことに伴って、男女平等、個人の尊厳をもとに民法も改正されました。同時にそれまでの家制度も廃止されたことから戸籍表記も大幅に変化しております。「家」単位の表記から「夫婦」単位の表記となり、一組の夫婦とその子供の2世帯表記になりました。また、「戸主」の呼び名も「戸籍筆頭者」と現在の表記方法が取られたのもこの戸籍からとなります。そしてこの書式は現在まで使われております。

戸籍の今昔

  • 戸籍のコンピュータ化

昭和23年式戸籍の書式は現在でも使われておりますが、平成6年の法改正により各自治体の申出により戸籍のコンピュータ化が認められ、既にコンピュータによる管理が進められております。この法改正はあくまで情報を管理する媒体の変更であり、紙による管理から電子化する仕組みのことです。書式の名称は「戸籍全部事項証明」(戸籍謄本のこと)、「戸籍一部事項証明」(戸籍抄本のこと)となっております。コンピュータ化されたものは現戸籍及び除籍のみで、改正原戸籍は対象外です。

戸籍の今昔

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional